CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
恋するヨガ―これならデキル!続けられる!ぜったいキレイになる!15分で完成心と体に効くおうちヨガの決定版
恋するヨガ―これならデキル!続けられる!ぜったいキレイになる!15分で完成心と体に効くおうちヨガの決定版 (JUGEMレビュー »)
川島 千草, 馬塚 三枝子
馬塚が監修している誰もがおうちで簡単に始められるヨガの本です!イラストが可愛くて、初心者にも解かり易いと超好評☆☆
RECOMMEND
ステイト・オブ・マインド(期間限定)
ステイト・オブ・マインド(期間限定) (JUGEMレビュー »)
ラウル・ミドン, ジェイソン・ムラーズ
RECOMMEND
Monkey Business
Monkey Business (JUGEMレビュー »)
Black Eyed Peas
最近ジョギングする時に聴いているアルバム。
それぞれの曲が色んなテイストなので飽きません。最高♪♪
RECOMMEND
人生がときめく片づけの魔法
人生がときめく片づけの魔法 (JUGEMレビュー »)
近藤 麻理恵
コンマリさんの片付け本は、半分心理学です。”思い出の品は過去のモノ。お礼を言ってサヨナラをして、今を生きましょう。”の言葉で、すっきり捨てられます。
RECOMMEND
ザ・ワン
ザ・ワン (JUGEMレビュー »)
エリック・ベネイ
RECOMMEND
ハリケーン
ハリケーン (JUGEMレビュー »)
エリック・ベネイ
これです! エリック最高♪
素敵なライブでPower、もらっちゃいまいした!
CDでまた、とろけます。。。
RECOMMEND
RECOMMEND
Yogini―ヨガでシンプル・ビューティ・ライフ (Vol.5)
Yogini―ヨガでシンプル・ビューティ・ライフ (Vol.5) (JUGEMレビュー »)

我らがLOTUS8が制作出版しているyoga専門誌”YOGINI vol.5”。
先日出演させて頂いた、スタジオオープニングパーティのファッションショの様子もばっちり掲載されています。私も登場していますーー。
恋するヨガも、mazukaデザインヨガウエアーも紹介されています☆
専門誌でありながらもスタイリッシュでデザインもとってもお洒落。
是非是非書店で手にとってみて下さい!!
RECOMMEND
Ken's Bar
Ken's Bar (JUGEMレビュー »)
平井堅,George Michael,Ned Washington,Freddie Peeren,Jesse Harris,Rokusuke Ei,Amanda McBroom,Keisuke Kuwata,Minnie Riperton,George David Weiss,Carole King
このアルバムを初めて聴いた夜、ベットに横たわりながら”あぁこのまま永遠に目が覚めなくってもいい。。。だなんて思ってしまったほど素敵なアルバム。
RECOMMEND
Mi Tierra
Mi Tierra (JUGEMレビュー »)
GLORIA ESTEFAN
mazuka recommendグロリアの第二弾♪ラテンディーバの彼女ならではの絶版♪彼女のアルバムの中で一番イイ!オススメ中のオススメ!!
大好きです♪ 中でもアルバムタイトルの曲"Mi Tierra"はLiveでも踊った一番好きな曲。
ミカエルが失踪した日。

あれは確か、ミカエルが高知から我が家に来てまだ1年経っていない頃だった。
その日私は仕事が午後からで、玄関の掃き掃除をしていた。
そこに電話が鳴り、電話に出て5分程話した。
その後玄関に放置した掃除用具を片付け、部屋に戻るとミカエルがいない………

 

 

『み、ミカエルっっ!?!』

 

 


いない。。。。

なんと私は、電話に気を取られて玄関を開けたまま電話に出てしまい、その間にミカエルが家を出てしまったのだった。

ミカエルと毎日散歩に歩いた神田川を泣き叫びながら探した。
1,2時間程探し回るもどこにもいない。。。。
無情にも仕事に行かなければならない時間になってしまった。

当時私はフィットネスクラブでエアロビクスを教えていた。
『犬がいなくなったから仕事に行けない。』などと言って休めるわけがない。


近所に住む犬友に助けを求めた。

『警察と動物愛護センターにすぐに電話して!!』

私はミカエルの特徴と、いなくなったエリア、私の連絡先を伝えて電話を切った。
仕事に行かなくては。
道中、心ここにあらず。
仕事なんて出来るのだろうか。
すると、仕事場にもうすぐ着くというところで私の携帯が鳴った。
高井戸警察署からだった。
ミカエルは、西永福交番に保護されていた。
首輪はしていたが、その当時迷子札はしておらず。(その失踪事件以降、迷子札を着けました。)

警察でのお話によると、ミカエル、西永福商店街でネコの餌を食べているところを商店のオバサマに保護されて交番に届けられたそう。
西永福商店街は、当時の我が家の方角から行くと、いつも散歩に行っていた神田川とは正反対の方角で、線路を渡らないと行けない。
考えただけで恐ろしい。
線路をスタコラサッサ一人で闊歩している姿が目に浮かんだ。
ネコの餌を食べてたって、なんてミカエルらしい。。。

仕事後、迎えに行くと交番で紐につながれたミカエルがいた。
(当然リードなどない。)
本当に無事でよかった!!!
保護してくださったご婦人。
西永福交番のお巡りさん。
犬友のYさん。
本当にありがとうございました!!
そんなハプニングがあったなぁ。
と、懐かしく思い出しました。
もうっ、ミカエルってば!!

 

| ミカエル | comments(0) | trackbacks(0) |
カーネーションを♪

新宿で安いお花屋さんを見付け(多分卸しの)、ミカエルにカーネーションを買いました。

長く持つといいナ。

大丈夫よ、ミカエル。
もし新しいわんちゃんが来ても、ミカエルのことはずっと忘れないからね。

You're the only one for me always.
| ミカエル | comments(0) | trackbacks(0) |
四十九日。

今日はミカエルの四十九日。

早いですね。

本当は今日庭に遺骨を埋めるつもりでしたが、もう少し一緒に居たくて、埋めるのは少し先にすることにしました。

もう少し、もう少しだけここで一緒に居ようね、ミカエル。

ワタシはとても元気だよ。
| ミカエル | comments(0) | trackbacks(0) |
朝からサプライズ☆☆

今朝早く、ワンちゃんと一緒にミカエルにお花を届けました。
と、近所に住む生徒さんからラインが届いていました。

玄関を出ると、立派なお花が届いていました。

ミカエルに毎朝新鮮なお水をあげるのですが、戴いたお花の報告をして飾らせて頂きました。

素敵☆☆
春らしくそしてミカエルにぴったりな白と黄色と淡い水色の大きなお花。

ミカエルにぴったり過ぎて涙が出ました。

枯れてしまったお花もあるけど、中にはミカエルの旅立ち直後に戴いた花がまだ咲いています。
もう2週間以上も経つのに。。。

ミカエルの旅立ちを通して、たくさんの愛を頂戴し、感じることが出来ました。

ミカエルが亡くなってしまったことはもちろんとても悲しいけれど、戴いたお花やたくさんの愛で本当に救われました。

私も、この経験を通してみなさんのような素敵な女性に成長したいなと思いました。

ありがとうございました。
| ミカエル | comments(0) | trackbacks(0) |
ミカエルを探して。
昨日、夜のプライベートレッスンを3週間振りに再開すると、そちらの生徒さんからも素敵なお花を戴きました。

もしかしてワタシがブログで

"同情するなら花をくれ!!"
なんて馬鹿なセリフを書いたのを読んたのっっ?汗
と思ったら、なんとその方、私のブログの存在を、ミカエル情報をネットで探して初めて知ったそう( ̄▽ ̄;)。

ミカエルの写真をブログで見付けて、"白い"、"男の子"と知り、そのイメージでこちらのお花をオーダーしてくださったそうです。

私が催促したからじゃなくて良かった笑。

なんて素敵なお花なんでしょう〜〜〜。
白ベースに、淡い淡いブルーパープルとピンク。
(実際はもっとブルーです。)
私が思うミカエルのイメージとぴったり同じ。


白だから、何色でも合うわけなんですが、昔からずっと首輪もリードもティファニーブルー。
(あ、色だけでティファニーではアリマセン。)

(後ろに映っているのは私のたくましいふくらはぎ。f(^ー^;。)

お花自慢のようになってしまいますが、本当に素敵な生徒さんに恵まれて私とミカエルは幸せ者です!

Yさん、心のこもったお花をありがとうございました。
| ミカエル | comments(0) | trackbacks(0) |
プリザーブドフラワーのフォトスタンドBox。
今日は、先週高熱で休講させていただいた大人レッスンでした。

浜田山の方って本当に素敵な方が多く、
『やっぱりお花にしました。
そろそろ第1弾のお花が枯れる頃でしょうから。』
なんて言ってお花をくださいました。


お一人からは、プリザーブドフラワーの写真立てを戴きました。

「プリザーブド」とは英語のpreservedのことで、「保存された」という意味。
生花の一番美しい時期に色素を抜き取り、特殊な加工を施したプリザーブドフラワーは、枯れることがなく水やりの必要もないことが大きな特徴だそうです。
特別な染料を用いて作られるため、ダークブルーやスカイブルー、ラベンダーパープルなど生花にはない豊富なカラーバリエーションがあります。
(ワタシ、"ブリザードフラワー"かと思ってました(-_-;)。
"プリザーブド"が正しいそうです。 )

私のイメージの赤い薔薇の花を選んでくださったようで。
私のお気に入り写真を入れました♪

素敵です☆☆
大切にします。

ありがとうございました!
| ミカエル | comments(0) | trackbacks(0) |
お花が大好きになりました。

今日は午前中のキッズレッスンがお休みで、親友がミカエルに会いに来てくれました。

可愛らしいお花をくれました。

午後の大人のクラスでも生徒さんからお花を戴き、ミカエルの周りがまたまた美しく賑やかになりました。

ありがとうございます。


お花って本当に綺麗で心を豊かにしてくれますね。
最高の贅沢です。


お花を戴くの大好きです。
私を想って、私のイメージで選んで下さったんだと思うととても嬉しくなります。

ミカエルが旅立つ前は特別好きな方でもなかったのですが、お花で悲しみがほんの少し癒されて、お花が大好きになりました。

以前は花より団子。
今は団子より花。

同情するなら花をくれ!笑。


戴いたお花が枯れてしまっても、お花を絶やさないようにしようと思います。


良かったネ、ミカエル。

| ミカエル | comments(0) | trackbacks(0) |
美しいお花と美しい心。

お休みさせていただいていた大人のクラスを昨日の夜から再開。

素敵な生徒さんからミカエルに、こんな素敵なお花を戴きました♪

良かったね、ミカエル。
| ミカエル | comments(0) | trackbacks(0) |
ミカエル、旅立ちました。

先週土曜日の朝、ミカエルが旅立ちました。

入院先の動物病院から電話があり、

『前日まで元気だったので、まさかこんなに急逝するとは思ってもみませんでした。』

と。

その日の前日の金曜日、面会に行ったのが最期となりました。
自分の腕の中で見送ることが出来なかったのが大変心残りですが、
『なんかミカエルらしいよね。』
と話しました。

最期は自宅で、と思っていたのだけど主治医の先生が、
『このままだと危ないから、集中的に栄養を与えないと。』
と言われ従いました。

もちろん先生は回復の見込みがあって入院を勧めたのですが、最期は本当に見送ってあげたかった。

その日は朝から3本レッスンがあり、休むわけにもいかず、一刻も早くミカエルを迎えに行きたい気持ちを抑えてスタジオに向かいました。

変わらず元気な子供たちの前で私が涙するわけにはいかず、必死にこらえてレッスンをやりました。

翌日(昨日)日曜日はキッズのコンテストがあったので火葬場に行けないのが決まっていたので仕方なく亡くなった日の最終の火葬の予約をしました。

なんとかレッスンを終え午後4時頃やっと病院に着きミカエルと会えました。

早朝に亡くなったと聞いたので、もう硬くなってしまっているかと思ったら、まるで眠っているかのような、柔らかなミカエルがそこに居ました。

病院から火葬場までは自宅より近かったのだけど、
『家に連れて帰ってあげようょ。』

となり、本当にわずかな時間でしたが自宅に連れて帰りました。

いつも寝ていたリビング。
元気な頃一緒に寝ていた寝室のベッドに寝かせてあげました。

それでもまだ呼吸をしていないことが嘘のようでした。

最終の火葬が19時だったので、短い時間だったけどお家に連れて帰れて良かった

深大寺動物霊園に着いたのはぴったり19時。
なんとか間に合い最後のお別れをしました。

そこは人間並みの火葬場で、満足の行く火葬をしていただきました。

火葬が終わると納骨をするのですが、骨をきちんと体の形状に並べてくれ、
『こんなにしっかり骨が残っているワンちゃんは珍しいですよ。』

と言われました。

また、ミカエルらしいねとクスッと笑いました。
骨太がっちり体型なのは私に良く似ていたんだね。

小型犬にしてはかなりの大きな骨壺に入って自宅に帰って来ました。

今は脱力感と喪失感で何がなんだか分かりませんが、少しずつミカエルが旅立ったのが現実になってくるでしょうね。

本当に本当にいい子でした。
最後の親馬鹿です。

声帯がないの?!
と思うくらい吠えない。
媚びない控え目マイペース。
病院に面会に行っても派手に喜ぶわけでもなく、別れを悲しむわけでもなく。
ワレ関せずでボクトツとしていました。

そんなミカエルが私は大好きだったし、沢山の友達や家族に愛されました。

こんな奇跡のわんこに出逢えて14年一緒に過ごせた事は、私の人生でものすごい宝物になりました。

多くの学びもありました。

これについてはまた別の機会に書きたいと思っています。

ミカエル、14年間本当にありがとう。
めちゃめちゃ楽しかった!!


| ミカエル | comments(0) | trackbacks(0) |
犬の介護生活。

 

『最近、ミカエルの事を書いてないね。』

 

と、母が心配して電話をくれました。

 

人生初の”介護”は14歳の愛犬ミカエルのコト。

 

年末に肝炎になり入院。

すぐに退院したものの、嘔吐を繰り返すようになり検査した結果、

十二指腸に癌が見付かりました。

 

ちょうど1年程前に肛門周囲腺癌の摘出手術をして無事成功して元気になったのに。。。

 

腫瘍の患部からして転移ではなく新たな癌だそうです。

もう高齢なのでね。

色々出てきてもおかしくはありません。

 

『このままだと、腸が閉塞して全く食べられなくなります。

十二指腸の腫瘍を摘出するのは、腸を切り取るだけなので比較的簡単な手術。』

という主治医の話で、手術を決意しました。

 

しかし手術後主治医から、

『お腹を開けてみたら腫瘍の場所が不運にも膵臓や膵管、胆管などにくっついているので

摘出は不可能でした。

腫瘍は多分すぐに腸を完全閉塞してしまうので、完全に食べられなくなるのは時間の問題。

少しでも食べられるようにするために胃のバイパス手術をしました。』

 

と。

 

バ、バイパス手術。。。。

 

胃と腸を直接つないで食べ物が通る別経路を作る手術です。

ただし、腫瘍は摘出出来なかったので癌細胞はそのままです。

 

癌には分子標的薬といういい薬があるのでそちらを使いましょう。

と。

最近では、人間も抗がん剤ではなく、分子標的薬というものを使うようになってきたようで、

(分子標的薬とは、癌細胞だけに作用し、他の健康な細胞は攻撃しない。副作用もほとんどない。

本当に効くとしたら魔法のような薬です。)

 

 

術後4日目に退院。

 

10日振りに会うミカエルは、ただでさえ痩せていたのに、もう元気な頃の半分の細さになっていまいました。

 

腸の腫瘍を摘出すれば、完全に元には戻らなくとも、食べられるようになってあと少し、あと少し元気になってくれると

思っていました。

 

が、、、、、

 

家に帰ってもほとんど動かず、全く食べず。

脚もヨロヨロ。

まともに歩けない。

 

もう、手術をした事は、果たして良かったのか考えてしまいました。

もちろん、腫瘍を摘出する目的で手術に踏み切ったのだし、腫瘍が他の臓器にくっついていたのは、開腹してみなければ分からなかったことだったので結果論なのですが。

 

14歳の高齢で開腹して何もしないでただ閉じるなんて可哀想過ぎる。

でも、どちらにしても結果に大差がないのならそもそも手術なんてする必要がなかったのかもしれない。

自分を責めた日もありました。

 

でもやっぱり後悔はしたくなかったし、可能性が少しでもあるのであればと、手術をしない選択はやはりなかったなと思います。

(ご参考までに、手術と入院の費用はかなり高額でした。

お金にはかえられないのでその金額でするしないの選択はするつもりは全くありませんでしたが、

高齢になるにつれお金も相当かかるので、金銭的な事も覚悟の上でペットを飼う必要があります。)

 

今は、自分では排泄が出来ないのでオムツをしています。

便は下痢状なので毎回お尻を洗ってあげる必要があります。

ごはんも自分からは全く食べてくれないので、1日に4回、4時間おきに少量ずつスポイトで液状にしたフードを与えている状態です。

 

辛い。

本当に辛い。

 

食べられず痩せこけた姿を見るのは本当に辛い。

 

こんな姿を見ていると、可哀想で1日でも長く生きて欲しいとは思えません。

苦しいのならいっそ。。。。。

そんな事を考えてしまい、涙が止まりません。

 

ミカエル、ごめんね。

愛してる。

 

ブログにはあまり辛い話は書きたくなかったのですが、ミカエルとわたしの闘病記として記しておこうと思いました。

 

ワンちゃんを飼っている方で、同じように癌や病気で悩んでいる方の参考になればと思います。

治療法の選択に正解はなく、最終的には飼い主が決めることなので、

”後悔しないような選択をする。”に尽きます。

 

 

Everything has an end eventually.

すべてのものにいつかは必ず終わりがある。

 

 

受け入れなくては、です。

 

最後まで悔いのないよう精一杯尽くしたいと思います。

 

 

| ミカエル | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/16PAGES | >>